大腸カメラ検査

高い技術を必要とする大腸内視鏡検査

 検査中の痛みは強引な挿入で腸を伸ばし過ぎること(過伸展と言います)による刺激によるものです。さらに無理に挿入すると出血や穿孔を起こします。

 当院ではできるだけ痛くない検査をするために、「硬度可変内視鏡」を使用し、硬さを常に一番柔らかくして、ゆっくり丁寧に挿入すると痛みの抑制に繫がりるのですが、実はこれには熟練した技が必要なのです。

 大学病院での勤務、先輩医師からの師事、勉強会への参加、そして多くの検査経験が高い技術習得に繫がっています。この培った知識と経験を活かし、皆様の健康維持のお役に立てればと思います。

  • 当院の大腸内視鏡検査では、鎮静剤や鎮痛剤は使用しません。
  • 前立腺肥大や緑内障、心不全の無い方には抗痙攣薬である抗コリン剤を使用するのみです。
  • 痛い時に痛いと言っていただけるように、鎮静はかけず、常に安全な検査を行っています。

 【当院では炭酸ガス送気を用いております】

空気の代わりに炭酸ガス送気を使用することで、送気による腸管拡張の痛みを軽減します。炭酸ガスは大腸で速やかに吸収されるため、送気過剰による痛みが起こりにくく、検査後もお腹が張りません。

豊富な検査経験を持つ専門医

 これまで大学病院での経験を含め、多くの検査実績を積んだ中で培った、経験と知識で、できるだけ「痛くない、苦しくない」検査を提供しております。検査では通常はLCI(Linked Color Imaging)モードで観察しておりますが、拡大内視鏡を用いておりますので、発見時は病変を拡大します。

 BLI(Blue LASER imaging)モードで観察することにより、微細な病変の悪性度や広がりの診断が可能です。

 痛くない検査をするために、硬さを変えることが出来る、「硬度可変内視鏡」を使用し、硬さを常に一番柔らかくして、ゆっくり丁寧に挿入します。

 大腸内視鏡は、高精細ハイビジョンズーム式拡大内視鏡で、レンズに加わったズーム機能で、光学最大100倍拡大観察によって非常に詳細な情報を得る事ができます。

 また、特殊レーザー光を利用したLCIモードにより通常観察を行う事で病変を見つけやすくなっており、病変発見時はBLIモードで拡大観察をおこない、腫瘍血管を詳細に見ることができるため、切除や生検前におおよそ腫瘍の悪性度や深達度を診断でき、内視鏡で切除可能かどうかの判断が出来るようになりました。

 拡大観察の結果、外来にて内視鏡切除可能と診断したポリープであれば、そのまま内視鏡切除を行います。安静を要する出血リスクの高い症例、多発症例、最初から明らかに癌と診断した場合は、紹介のうえ、入院にて切除を行っていただきます。

 当院では、大腸内視鏡検査・日帰りでの手術(大腸ポリープ切除)を、保険診療にて行うことができます。

大腸カメラの検査料金とながれ

大腸カメラ検査料金
1割負担 3割負担
大腸内視鏡検査のみ 約1,700円 約5,000円
大腸内視鏡検査+組織を採取して病理検査をした場合(臓器数により変わります) 約3,000円〜5,500円 約5,000円〜16,000円
大腸内視鏡検査+ポリープ切除術(臓器数により変わります) 約6,500円〜8,000円 約20,000円〜24,000円

※ 今まで行ってきた保険診療から概算の料金を提示させていただきます。
診察代、採血代などは含まれておりません。投薬や処置の内容によって金額が前後いたします。

大腸カメラ検査のながれ

検査希望日の
2日以上前
ご予約/事前受診

ご都合をお伺いし、大腸内視鏡の検査日を予約します。検査前日までに検査用の夕食と下剤を医院に取りに来ていただきます。

検査前日

検査前日の昼食と夕食は検査専用食をお取りいただきます。それ以降はお茶や水などの水分はお取りいただけます。寝る前に下剤を飲んでいただきます。

前日の夜8時頃〜検査時まで

検査当日
ご自宅にて

検査当日の前処置はご自宅で行っていただきます。腸管洗浄液(下剤)の服用を検査開始時間の3〜4時間前から服用を始めます。1時間後くらいから便意を催し、服用後2〜3時間でほとんどの便が出ます。

検査当日
医院にて

ご来院いただきましたら検査着に着替えて(使い捨て下着含む)検査室に入っていただきます。検査自体は10分程度で終わりますが、場合によっては時間がかかることもあります。

検査時

実際の内視鏡画像をみていただきながら、検査を行いますので、病変があればその場で説明いたします。処置が必要であれば、承諾をいただき、生検やポリープ切除を行います。

タイトルとURLをコピーしました