HOME

高砂市伊保にある「鹿岳胃腸科内科」です。おかげさまで開院50年を迎えました。

clinic

私達は健康のことで困ったり悩んでいる方を少しでも減らしたいと願っています。
皆様には、ご自分の体にもっと関心を持っていただき、未然に病気を防ぐお手伝いができればと思っています。


ちょっとしたことでもお気軽にご相談ください。

family

新着・更新情報 NEWS

2021・12・3 インフルエンザワクチン接種について情報を更新しました。

2021・10・23  新型コロナワクチン個別接種対象年齢を変更しました。

2021・9・10  院長ブログに 新型コロナウイルス感染症、ワクチン打てば大丈夫? の記事を追加しました。

2021・9・3   院長ブログに ジェネリックって本当に大丈夫? の記事を追加しました。

2021・8・29  院長ブログに この症状、何科? の記事を追加しました。

2021・7・29  院長ブログに 西洋薬?漢方薬? の記事を追加しました。

2021・7・24  院長ブログに 病気の根っこ の記事を追加しました。

2021・7・20  院長ブログに 喉に何か引っかかっていると感じる症状 の記事を追加しました。

2021・7・14  院長ブログに「熱中症対策に水分を摂りましょう。」は大間違いですの記事を追加しました。

2021・7・12  院長ブログに COVID-19(新型コロナウィルスワクチン)個別接種 の記事を追加しました。

当院からのお知らせ INFORMAITION

年末年始休診のお知らせ

【年末年始休診日】

12月29日(水)〜1月4日(火) 冬期休業

1月5日(水)〜  通常通り診療


インフルエンザワクチン接種について

かかりつけ患者様の優先接種期間は終了しました。
中学生以上であれば、どなたでも接種可能です。
予約は出来ません。在庫限りの早着順となります。接種時間内にお越しください。


接種日・時間:
 午前診 9:00〜11:30 受付
 午後診 15:30〜18:15 受付  (月・火・水・金曜日)  

対象者: 
 中学生以上。 

注意事項:
 新型コロナワクチンとは2週間以上間隔を空けて下さい。


新型コロナワクチン個別接種予約について

現在の当院での個別接種対象者

  • 現在当院での個別接種一時終了となっております。

   個別接種可能医療機関

令和4年1月17日より当院でも3回目の個別接種を開始予定ですが、詳細は未定です。
 詳細が決まり次第ここにアップします。

問い合わせのお電話で、大変な業務の差し支えとなっております。お問い合わせはご来院の上、窓口でお願い致します。
お電話での問い合わせはお控え下さいます様お願い致します。

  • 患者様来院時の検温
  • マスク着用・エチケットなどの呼びかけ
  • 院内の常時換気
  • ソーシャルディスタンスの確保
  • 当面の間、新型コロナ感染症対策とさせていただきます。
     発熱・咳・だるさ・頭痛・咽頭痛・関節痛・下痢・嘔吐等の症状がある患者さんは、必ず事前にお電話(鹿岳胃腸科・内科 079-447-3551)をお願い致します。
  • 当院へかかり付けの患者様、及び、他院にかかりつけのない患者様を優先させて頂きます。
     新型コロナ感染症は基礎疾患の状態が予後を左右しますので、必ずかかりつけにおかかり下さい。
  • クリニック内に設置した感染者専用隔離スペースで診察させていただきます。

来院時のお願い

  • 必ずサイズの合ったマスクを着用、きちんと鼻まで覆って来院して下さい。
  • 基礎疾患のある定期通院中の患者さんを優先させて頂きます。なるべく、普段から利用しているクリニックを受診して下さい。
  • クリニックに着きましたら院内には入らず、必ずお電話(鹿岳胃腸科・内科 079-447-3551)もしくは、玄関ドアに設置した感染者専用インターホンでお話し下さい。クリニック内に設置した隔離スペースへ案内させていただきます。隔離スペースは1人ずつの入室とさせていただきますので、先の方の診察終了まで、お車などで待機いただくことがあります。
  • 現在の症状ですでに内科や耳鼻科へ通院されている方は、引き続きそちらのクリニックへ通院してください。基礎疾患があるとその後の症状の変化に大きな影響を与えることがあります。正確な診断をつけるためにも、かかりつけ医への受診を優先して下さい。
発熱患者様の別スペースを設けております。
発熱症状がある方には専用スリッパをご利用いただきます。

 スタッフ一同、患者さまに安心してご来院いただける環境づくりに努めて参ります。ご理解とご協力をお願いいたします。



<ごあいさつ>

  近年のストレス社会で、いわゆる「神経の病気」が急増してきました。

 「神経の病気」と言うと、精神科的な病気?とか、気のせい?とか思われがちですが、正確には、交感神経と副交感神経という自律神経のアンバランスによるものです

 「病は気から」といいますが、病気の半分は病そのものであり、半分は気であります。気も良くしなければ、病気になりやすくなったり、治りにくくなったりするのです。そのため、内科医ではありますが、可能な限り不安神経症やうつ状態まで診させていただいております。
 
 漢方や抗うつ薬、抗不安薬等を最小限に用いて、なるべく早く楽に自律神経のバランスを取り戻していただきたいと思っております。


 地域の皆様にとって、「安心して何でも相談できる先生」でありたいと思っています。

安心

当院の特徴>

高砂市で開院してから50年を迎えました。専門医がいる医院です。正確な診断と治療のため最新の情報を更新し続け、学び続けていきます。

地域のかかりつけ医として、健康に関することを何でも相談でき、必要なときは専門の医療機関を紹介する、身近にいて頼りになる医師であり続けます。

最新の内視鏡カメラシステムを導入し、これまでの約5万件の検査経験により、より苦痛の少ない内視鏡検査を心がけております。

漢方薬治療も積極的に取り入れています。不定愁訴など自律神経が関係する心的な症状を伴う疾患の治療も行っています。

患者様とのコミュニケーションを大切にし、「ここに来て良かった」と安心してお帰りいただけるクリニックを目指します。

 これからも地域医療水準を高め、皆様の健康維持のお役に立てるよう貢献して参ります


 <連携医療機関>

紹介を必要とする場合は、その疾患の専門性に応じて紹介先をアドバイスさせていただきます。また、ご希望があればどこの病院でも紹介可能です。医局や関連病院という拘りは持ちません。

 紹介先として最近の実績では、

加古川中央市民病院髙砂市民病院はりま病院順心病院加古川医療センター兵庫県立がんセンター隈病院神戸大学医学部附属病院大阪医科大学附属病院兵庫医科大学附属病院姫路赤十字病院姫路中央病院姫路医療センター製鉄記念広畑病院姫路循環器病センター北播磨医療センター兵庫中央病院加西市民病院明石市立市民病院井野病院高砂西部病院 等です。

お気軽にお問い合わせください。

診療科一覧

診療スケジュール


            
8:30〜12:00      
15:30〜18:30    /   /
受け付けは5分前に終了致します。
休診日:木曜/土曜午後・日曜・祝日

来院時に持参して頂くもの

  • 健康保険証・そのほかの受給証など
     ※保険証をお忘れになると自費での診療となりますのでお気をつけください。
     ※再診の方でも毎月保険証は確認させていただいております。
    住所変更などございましたら受付にてお伝えください。
  • お薬手帳
  • その他:市民健診の場合には高砂市から送付されたクーポン券をお持ちください。
  • 他院での検査結果や健診結果等がございましたらご持参下さい。

【こんな事はございませんか?】

                      お気軽にご相談下さい

 

 ご自分の症状で、何科にかかれば良いのか解らないことがあると思います。

female
何となくずっと調子が悪いけど、どこが悪いのかわらない・・・


 そんな時にこそ、お気軽に当院へお越し下さい。

 かかるべき科が明らかであった場合、まず最初にかかるべき科を指示させていただきます。その際の診察代はいただいておりません。その後、改善が見られないようでしたら、後日当院へ診察にお越し下さい。

 また、内科では無いかも?と思っても、気になる症状や不安な事は全てお教えください。

 気になる症状は全て言っていただけた方が、診断や治療に繫がりやすいものです。特に症状が多い場合、漢方の良い適応になることがあります。西洋医学にも、漢方医学にもこだわらず、個々に応じたベストな治療を選択したいと考えています。

 ストレス社会で自律神経のアンバランスがひどくなると、不安神経症や鬱を引き起こします。

 不安神経症やうつ状態を、内科医も診ていかないと根本的に病を治すことが出来ないため、可能な限り、不安神経症やうつ状態まで診させていただいております。

clinic
当院の待合室


 一昔前では、ストレスがかかるとお腹が痛くなるのを子供の仮病とさえ言われていました。現在ではようやく「過敏性腸症候群」として広く認識され始めました。しかし、喉の詰まり感やゲップ、胃や胸部の不快感と言った、「機能性ディスペプシア」は、「食道・胃の過敏性症候群」とも言うべき新しい概念の疾患で、一般内科医や耳鼻科医、消化器専門医にすら未だ認識されていないことがあります。


 これらの疾患の原因は、全て消化管の自律神経失調症なのです。胃腸の局所的な自律神経失調症は専用のお薬がありますが、全身に及ぶと不定愁訴となり、漢方や抗不安薬、抗うつ薬を使用することもあります。

 小さな事だからと放置せず、お気軽にご相談下さい

場所がわかりにくい場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

鹿岳胃腸科・内科  ☎ 079-447-3551

〒 676-0078 兵庫県高砂市伊保 1−4−27

駐車場10台完備

タイトルとURLをコピーしました